磁気活性器で水道水をイオン活性水に

ネットワークビジネスで経済的自由を

お金も健康も時間も要らないって人はいないはずです。
生活するために・遊ぶためにはお金は必要、お金は働く事で手に入り、働くには健康でなければならない。
お金は労力や時間を使って稼いでいますが、少しお金の流れを変えて労力や時間を減らして経済的自由を手にしませんか?
というのがネットワークビジネスです。

ネットワークビジネスが嫌われる訳

ネットワークビジネスというビジネスは、 21世紀最高のビジネスモデルであると同時に 一番嫌われているビジネスとも言えます。

友達という信頼関係が崩れる

ネットワークビジネスには友達なくしたという話が多くあります。
「友人関係を利用したビジネス」であるという事です。お金が人を変えるという事がありますが、勧める側もお金稼ぎが主体となってしまった話では勧められる側はどう思うでしょうか?ここで価値観のギャップが生まれ信頼関係が崩れる事があるでしょう。

不必要な高額商品を買わされる

お金稼ぎのために不必要な情報サービスや高額な消耗品を買わされるという事があります。ビジネスをするのには初期投資は必要になってきます。ビジネスをするのに必要であっても普段の生活では必要ないもの。必要のないものである限り一般市場で提供されているものより高ければ高額商品という事です。情報商材などは無価値(0円)という事もあり得ます。

稼げるのは上だけで下は稼げない

大きく稼ごうと思えば会社勤めをしていても上に上がる・部下を多く持つ必要があります。ネットワークビジネスでも同じでダウン組織を作らなければ稼げないです。問題はビジネスに興味ある人か本当にその商品やサービスが必要な人に限られてくるという事で宣伝できる市場が非常に小さいという事です。結果は早い者勝ちの市場になってしまいます。「利益得れるのは5%以下」

需要と供給のバランスを無視

通常は買い手(需要)と売り手(供給)のバランスが取れて正常な流通が起こります。供給過剰が起こると供給量を減らしてバランスをとろうとします。MLMの世界においてはビジネスで稼ぎたいという人がほとんどで純粋な買い手が少なくなっています。
MLMの世界においては買い手=売り手となりきわどいバランスをとっています。稼ぎたい人がほとんどの世界で稼げなきゃ辞める当然の結果であり、勧誘(ビジネスしたい人探し)の動きが止まった時点で末端から組織が崩れていきます。

勧誘しないと稼ぐ手段がない

MLMでは、ビジネスをしたい人を探してピラミッド組織の下に人を入れていくしか方法がない。インターネットを通じた販売・宣伝を禁止しているところが多く、対面又は電話等で説明していく必要がある。
また、極端な話ですが100人の人がいてすでに99人がビジネスに参入している状態で100人目で参加しても100%稼げない。

EC フランチャイズビジネスを勧めるわけ

日本でお金稼ぎが悪とされるイメージがあるのが否めないところがある中でネットワークビジネスのようにお金稼ぎが主体となりがちなビジネス展開・高品質高価格の商材ではいつまでたってもネットワークビジネスの市場は大きくならないです。
フランチャイズビジネス(FC)は数百万、数千万という高額な金額になりなかなか参入するのにはハードルが高くなってきます。
FCに代表されるコンビニにおいては365日24H営業しなければならず、人材確保等大変な面もありますが年間数千万円の売上が見込めるビジネスです。

まずはこの動画をご覧ください。

I-TECの代表するDDS MATORIXエキス

幹細胞培養液

・・・

ドラッグデリバリーシステム

・・・

GFグローズファクター

・・・

EC FCシステムの報酬には

・・・